2016年03月29日

The game of golden age

The game of golden ageというゲームを知っていますか?訳すと、「黄金時代のゲーム」そのままなのですがwindows10の(あるいはmicrosoftのアプリストア)で無料で入手できます。つまり、windows10(あるいは8でも機能するか)を導入した人なら、誰でも買える、のです。オランダ(ネーデルラント)のちょうど1600年頃からの東インド会社が東南アジアに進出し始めた頃がテーマの投資及び証券取引をやるゲームです。逆にいうと、投資・証券取引だけをやるゲーム、なのですがまぁ、早い話、バカというか知識のない人には、できません。というか、単に投資・証券取引だけではなく思いっきり当時の知識が必要になるゲーム、です。まぁ、無料なのでとっととwindows10を入れてもらってプレイしていただくのが一番手っ取り早いのかと思いますが、やることとしては一ヶ月単位で進むので、投資する品目を決めていくら投資するかを決めるだけです。銀行からの借り入れもできますし投資できる交易品は小麦から始まって魚肉やワイン、木材、塩など徐々に増えていきます。ある程度進むと東インドへの航海やポルダー(水地・湿地開発)の事業にも投資できるようになり、こちらは証券という形での投資になります。証券に投資するとあの時代の証券ですから単価はだんだん高くなっていくものの投資できれば安定して利益が得られるので、儲け方としてはまず小麦や魚肉などの日用品から始めてある程度安定して資産が得られるようになってお金が貯まってきたらこんどは絹などの高級品に投資していきます。もっとも、絹などの奢侈品の相場の特徴は小麦や魚肉などの日用品に比べると上がりにくく下がりやすい、ですから何かのきっかけで急に上昇に転ずることはあっても落ちるときは、落ちます。ただ、海外産の場合が多いため利益が得られるまでのタームはある程度、長いです。銀行からの借り入れも収益が得られるまで、というか投資期間の長さに合わせて借り入れるのですが、最初は儲かりそうなものから借り入れで元手を増やして投資していき、ある程度回転してきたらローンは引き上げて自己資本の比率を増やしていきます。ちなみに、投資金額が1000ギルダーを超えると利回りが出なくなったときに90%しか返ってきません。日用品、奢侈品である程度自己資本を得られたら東インドへの航海やポルダーなどに投資して証券の数を増やしていきます。ある程度時間がかかるゲームなので、プレイするコツといえばどれだけ長い目線で、順調に投資できるか、といったところですね。木材や銅などは、特に上昇する確率が高く投資するかいは大きいです。まぁ、相場に応じてどれだけ資金を調整できるか、といったのもプレイするひとつの重要なポイントになると思います。なにしろ、このゲームはオランダのユトレヒト大学肝いりのゲームなので、ある一定以上正確なことには間違いないですし知識の足りない人、や何にも知らない人にとっては大きな糧になるゲームだとも思います。しかしながら、先述した通りバカにはできないゲームですから、やるのならある程度はオランダの東インド会社やその黄金時代の当時の事が書いてある本を読んで、ある程度知識を付けてからプレイされることをおすすめします。そのほうが、何も知らずしてやるより、よっぽど得るものが多いでしょうからね。一ヶ月ごとに進むので、プレイするタームは長いといっても、そこまでこちらがプレイする時間としては、長くありません。5、10分でも十分楽しめるので、まぁ、そのためにも2,3はその当時に関する本を読んで、十分に知識を付けてからプレイされることを、おすすめしますね。
posted by skywalker at 13:41| 愛知 ☀| Comment(0) | ゲーム紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする