2016年07月06日

ゲームとゲームにおけるそのストーリーの重要性

ゲームとゲームにおけるストーリーの重要性についてこれからお伝えしていきたいと思うのですが、まず、始めに簡単に説明しておきますと、ゲームとは物事の枠組みのことで、経済・政治、スポーツ、歴史上の戦い、なんでもそうですね数学的にはゲーム理論といってモノごとのうち形式のあるものはすべて、ゲームと呼びます。それを論理的に分析したものがゲーム理論、なのですがストーリーとは、その形式のゲームが連続したものを一般的にはストーリーといいます。つまり、ゲームが連続したものがストーリーで、小説や物語なんかは徹底的に細部まで分解していくとひとつひとつのゲームの積み重なり、とも捉えることができるわけです。なので物語や小説を書いている人は、論理的にいって基本的にゲームを組み上げる、論理的に構築する能力が非常に長けている、ともいえるのですが(ちなみによくいう一見あやふやな文章を書いてまったく論理的にストーリーが見えてこない小説を書く人を見かける、というのもありますが、あれはあえて論理的にいうならば書いている本人にしか分からないレベルの抽象度にまとまっていて、一見しただけでは到底解読不可能だ、というだけの話なのです)それはゲーム(電子的なものの場合)においてシナリオを書いたりゲームを作る人も同じで、同様にゲームを構築する能力ひいてはその連続性如何ですからストーリーを論理的に構築する能力に非常に長けている、とも言えるのです。ゲームやストーリーを書いたり作ったりする人はそもそもゲームを細部まで分解して、さらに構築する能力に非常に長けている、ということでもありますがこの世界の日常のほとんどがゲームで構築されていることを前提とすると、ゲームやさらにその連続性であるストーリーを構築する能力に長けている、ということはこの世界で問題を解決する能力、あるいは新しい問題を見つけたり物事の新たな可能性を発見したりすることに非常に優れている、ということにもなります。まぁ、いうなれば政治家と科学者、それから哲学者というお互いに相反するものを一気に両立させてしまうことにもなるのですが、要は重要なのはゲームやゲーム理論、それからストーリーというものがこの世界の物事において非常に重要なものである、ということであり大きなファクトでもある、ということでもあるのです。陰謀や災害は個人一人の力だけでは止めづらいものでもありますがゲームの仕組みを十分理解すればそれらについて新たに問題を発見したりまた新しい可能性を見つけることによってこの世界を変えていったりすることも可能になるわけです。問題を見つけていって新たに課題を提示し、それらを解決していくことが、この世界の基本的な政治のやり方でもありこの世界を変えていく唯一の方法でもあるわけなのですが、とにかくゲームの仕組みを理解することがまずは重要で、それには実際に問題でもスポーツでもとにかくゲームのパターンを熟すことが重要になってくるのですが、そうしてゲームの構造や仕組みについて理解する、あるいはひいてはそれの連続性でストーリーについても理解を深めることができれば、たった一人の力が起点でもこの世界を裕に変えていくことのできるそんな能力が獲得できるのです。一人の力がやがて仕組みを変え世界の構造すら変えていくのは一見並大抵のことでないようにも思えるかもしれませんが、歴史的な人物の例にもれず世の中では大抵の場合よくあることでもあり、またそれらの人々は必ず世の中の仕組みをまずはよく知り、それから仕組みを徐々に変えれるところから変えていってその結果歴史的な大変化を呼び寄せる、まぁゲームの構造をよく理解しそこから新しいゲームを構築していく、あるいはストーリーを組み立てることにも非常に長けていたわけですね、ができてこそ初めて歴史にある程度の功績を遺すことのできる人物、と相成るわけです。構造がすべての仕組みでその構造を理解すれば自分でゲームを構築して新しい問題を発見したり新しい可能性を見つけたりする、さらには世界を作っていくこともしたりできる、というわけなのですね。まぁ、ゲームの構造というものはこういうものなのですが、よく理解できましたでしょうか?また、余談ではあり結論でもあるのですがゲームというものはあまりにも再現性がありすぎるとそもそもその意味合いが減っていってしまって繰り返す意味がなくなってしまいます。なんのことをいっているのか、といえば電子ゲームなどに代表されるシミュレーションのことで、そもそもシミュレーションとはストーリーありきで、そのストーリーを構築するためにみなさんは電子ゲームのようなものをやっているわけでもあるわけです。元々ゲームとストーリーはワンセットで、ゲームが連続性を持ったものがストーリーであるとも書きましたがそもそも一個一個のシミュレーションにはストーリーがないと意味がないのです。が、しかしそれらのゲームがあまりにもゲームであることを重視しすぎるがために、背景だったり筋書き、ストーリーが蔑ろにされている場合も、こうもいろんな形式で電子ゲームが大量に出回るようになるとどうしてもその「シミュレーション」ありきで出てくるわけなのです。まぁ早い話再現してもあまり意味のないものをひたすらゲームの繰り返し耐久性だけ上げていって再現性を高めていっても、結局はその背景に筋書きやストーリーがないとどうもゲームに入り込めない、というか臨場感を十分に感じることのできないように人間はできているようなのです。結局は人間はその背景の物語だったりストーリーによって物事に大きな意味合いを感じるようにできているようなので、小説などストーリーを書いたりゲームを作ったりするような人たちには、改めてその背景のストーリー、ゲームの物語を重要視して取り組んでいってもらえればなぁ、というふうにお願いしておきたいと思います。ゲームはただの構造でもあるわけですが、人間にとってより重要なのは日常の生活の中でより大きなファクトになっているのはその背景の物語であったり筋書きであったりするわけなのです。ゲームやストーリーなどの創作にあたる人には是非ゲームにストーリーを付けるのを忘れないでおいてほしい、というように思います。結局、人間が日々の生活の中で意味合いを感じているのは、まさにその背景の物語そのものでもあるわけなのだから、というわけでもあるのだから、なのです。
posted by skywalker at 19:13| 愛知 ☀| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: