2016年03月27日

秘数と手工業

まず、始めにいいます。手工業の秘訣は秘数にあります。といっても、パッと来ない方も多いかと思いますが、これを簡単にいいますと、秘数とは数の巡りや構造を学式化したもので、手工業はそもそもほとんど手作業でやるわけですから、当然人体を手際よく動かして作業するのには自然のバランスを考慮している必要があります。この自然の巡りこそが秘数で、手工業を手際よく作業すれば当然仕事効率が上がって給料がよくなるかも、しれないのです。といっても、手工業は給料がすぐ上がるかどうかに関わらず手際よく作業することがまず第一ですから、まずは手際よく作業できるようにすればいい。で、その手際よく作業する方法が、自然の巡りであり秘数なのです。秘数、というとちょっと分かりづらいのかもしれませんが、基本的には数あるいは自然の巡り、つまり数の巡りがよければそれだけ効率よく作業できる、あるいはその他の自然数の組み合わせ方や秘数以外の数の使い方も含まれているかもしれませんが、とにかくその作業の構造を数の巡りで数理化してしまえば、あっという間に効率よく作業ができるようになるのです。まぁ、中世・近世の人たちが手工業などで作業する際に、手工業の単純な作業でも一応ゲームですから、そのゲームの数理の差分と頭の使い方、あるいは手工業の作業を数理的に見た場合に、行き着くのは秘数、なのです。もっとも、秘数に頭を巡らしていれば自然と楽に作業できるし効率よくできるから、というのも考えられますが、とにかく自然の数の巡りを明らかにしたのが秘数で、その組み合わせ方、あるいは扱い方次第で、誰でも効率よく作業できるシステム、というのが作れるのです。その他の自然数の組み合わせ方や数の使い方で作業を管理していたかもしれない、と書いた通り、集合知というか熟練と経験の勘、というのもあったのかもしれませんが、とにかく秘数的な側面、自然と数の巡りを研究すれば、手工業の秘密を解き明かせる、というのも明らか、なのです。
(同管理人ブログからの転載です)
posted by skywalker at 11:27| 愛知 ☀| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。