2015年07月03日

交易の諸原理

交易の諸原理、ということですがこちらは簡単な原理、になります。まず、前稿の追記で交易で儲かるとしたら相場の差だ、ということを書きましたが、もう少しそれを正確に表現するのなら、そもそも街により交易品の価値に差があるので、その街の間の差を利用して、というところが一応の交易の原理になると思います。例えば魚肉や木材を売っている街では、同じものは買い叩かれてしまいますね。木材に限って言うと、魚肉を作るのにも生活するのにも、商品製造の燃料にも船を作るのにも役立ちますから、必ずしもすべてがそうだとは言い切れませんが、基本的に魚肉や肉などの製品は売っている街だと当然余ってしまうので買い叩かれてしまいます。まぁそんな街にそもそもそういうものを運び込む道理もないのですが、それそのものを生産している街ではそもそも同じ交易品は売れません。売っても利益がほとんどの場合出ないですからね。これも一種の市場原理のようなものでしょう。対して、魚肉を作っている街Aとはちょっと離れたところに街Bがあるとします。そこでは魚肉の製造はしていません。となると、簡単なこどもだましのようですがAで買った魚肉をBに運ぶと儲かるわけです。またAにもし木材が売っていてBにはなくて需要があれば当然Bでは木材は高く売れます。このように街の間を船などでモノを運んで結ぶのが交易で、離れたところにモノを持って行ってその価値の差額で儲かる、というのが交易の一応の原理、ということになります。ここでいう交易の諸原理とは街ごとにそれぞれのモノの価値は違うので、その差額を利用すれば儲かる、ということについてです。最初の相場の差を利用して、というのがありましたが、相場というものは常に変動しているので必ずしもそれで儲かるとはいえません。ただ、反対に街ごとの交易品の価値の差を利用して、というのは一見相場の差を利用して、とも読めますが実はここでいいたいのは街ごとに交易品の価値にそれぞれ差がある状態では、街の間を結ぶだけでそれだけで儲かる、ということなのです。確かに経済のグローバル化が進んで市場が世界規模で統合されればそれぞれの地域での有意な交易品の価値の差はだんだんとなくなっていきますが、それでも街AとBの単純モデルで考えた場合は街それぞれにそもそも交易品の価値の差があれば、その街の間を船で結んでモノを運ぶだけで儲かる、というわけなのです。ここでいいたい交易の諸原理というものはむしろそういうもので、交易で儲かる、というのはそもそもそれぞれの街同士に交易品の価値の有意な差がある、ためなのです。
posted by skywalker at 15:28| 愛知 ☁| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: