2015年03月25日

交易・貿易とマクロ経済

交易・貿易(特に近世のもの)を理解するにはミクロ経済を理解してしまうのが一番手っ取り早いです。確かに、全体の交易・貿易の流れや経済学的観点の両面から近世貿易を理解するのが一番早いというか通常の筋なのですが、そのようなマクロ経済学的観点で分かるのはあくまで全体の流れです。細かいことをいうと交易・貿易の実際や商慣習の手順など、そういったところを理解していないとミクロ経済的には理解したことにならない。要は、そのもの行為の実際を見ていないとその行為というか習慣は理解できないのです。かといって、交易・貿易がどうなっていてなんのために行われてという部分については当然マクロ(全体・俯瞰)視点の経済学史でも理解できてしまうので、この稿で書いていることについては特に「経済を全体から俯瞰した際の見え方、流れ」(マクロ的経済)からではなく実際の行為や慣習について、の(ミクロ経済)の流れから経済(特にこの稿では交易・貿易)について理解しよう、という試みです。そう思っていてください。
かといって、結論からいくとマクロよりミクロのほうが交易・貿易は理解しやすい、ということになりますが経済学が貿易やそれに関わる経済の全体を取り扱うのに対して(そこからいくと流れは見えますが実際の行いは見えてきません)ミクロ的視点でいくと実際の行為や慣習から見ていくので当然交易・貿易についてはより直接理解したことになります。先に書いたように流れから全体像を割り出すのは簡単なのですが(どちらかというとそれがいままでの主流)実際の行為や慣習というミクロ視点からの理解はなかなか難しいのでそれをやってしまおう、というわけです。今までのを分かりやすく解釈すると経済学(マクロ)を理解するより実際の行為・慣習(ミクロ)で理解したほうが交易・貿易についてはより理解しやすい、ということです。(もちろん経済学、歴史学についてはある程度熟知していることは前提です。)まぁ、学問としての経済学(マクロ)よりは実際の行為・慣習を観る(そこから割り出す)ミクロ経済学のほうがより理解しやすいのではないか、ということです。ミクロを観る方法については実際に交易をするのもいいですが今の方法では当然近世の状態を再現するのは難しいです。なので、交易ゲームで実際の慣習を再現してみよう、という取り組みもできるわけです。大航海時代Online内の「アムス貿易振興組合」でも同じことをしています。まぁ、マクロの経済学から理解するのもいいですが実際にやってみるのも理解の助けになります。その点、ゲームと言えどもある程度の実験台にはなるので侮れませんよ。ある程度のランダム性があってオンラインのものであればいくらでも実験に使えるのです。(かといって検証結果はそのまま使うというよりかはそこから法則性を見出していくことになります。)簡単にまとめると流れの理解よりも(というか、それだけというよりも)実際の行為・慣習から見ていく方法も必要だということです。ゲームということで検証はわりかし簡単にできますがそれについてはみなさんの協力もある程度必要なのでプレイヤーの方は是非機会があればよろしくです。
posted by skywalker at 15:33| 愛知 ☀| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。